分かっていても行動できない…。そんな自分とサヨナラしたい人へ。

「こうすればいい」
頭では分かっていても、行動が伴わず落ち込むことはありませんか?

できなかったのか、やらなかったのか。

自分の力不足でできなかったのであれば、まだ改善もできます。今後努力して力をつければ「やれる」と思うことができます。

問題なのは、「やらなかった」ほうですよね。
なぜ、やれたのにやらなかったのか。
こうした状況になると、本当に自己嫌悪に陥るという方も多いと思います。

思い切った行動が取れる人は何が違う?

やれるけどやらない。
原因は怠慢ということもあるかもしれません。
ですが、大抵の場合は単純に「エイッ」と思い切って行動に起こすだけの勇気がなかっただけ、ということがほとんどです。

勇気を出して思い切って動きさえすれば、後悔することもなかったわけです。

こんな経験はないでしょうか。
同じ職場や学校に気になる人がいて、声をかけたい。かけたいけれど勇気がない。そうこうしているうちに、相手には恋人ができてしまった。その恋人を見たら、何となく自分とタイプが似ていた。
「えー!?もしかして自分も声をかけたらチャンスが有ったかもしれない」
これは私の実談ですが…(笑)

ですが実際にご相談を拝見していても「勇気が出なくて、声をかけそびれてしまいました」とか「誘う勇気が出ませんでした・・・」といった内容を目にします。

お気持ちはよくよく大変わかります。
先程お伝えしたように、自分自身もそうだったので余計に分かります。

もしかしたら、NOが返ってくるかもしれない相手にアクションを起こすのは、労力が要りますよね。そして、勇気も要ります。

ですが、ここで何か動かねば変わらない、
今この時がチャンスなんだ、

という瞬間も必ず訪れると思うのです。

そんな時に、勇気が出せずその波を逃すのは、本当にもったいないと思います。

どうすればいざという時に勇気を出せる?

なので、今日は勇気100倍にする法則をお伝えします。

勇気100倍といえば・・・
アンパンマンです。

時々ネットなどでも目にしますが、このアンパンマンのテーマはとても素晴らしいです。私は歌詞が大好きです。特に冒頭の部分の

♪何がキミの幸せ 何をして喜ぶ
 分からないまま終わる そんなのはイヤだ

 (作詞:やなせたかしさん)

という部分、これは名文ですね。

子供番組の歌詞とは思えない奥深さ、本当に勇気100倍になりそうな内容です。ぜひ機会があればゆっくり、じっくりご覧ください。

さて、その勇気100倍ですが、言うは易し、行うは難しです。

勇気を持つためにとても大切なことは、あなたの勇気を阻害する感情を取り除くこと。

少し考えてみていただきたいのですが、あなたが勇気を出そうとしても出ない…という時、あなたの頭の中にはどんな感情がありますか?

おそらく、たいていの方は『不安』だと思います。

では、どんな不安なのかというと、

・失敗するかもしれない
・余計に悪くなるかもしれない
・間違ってるかもしれない

ということではないでしょうか。

この不安要素があるため、「勇気を出せ!」とどんなに心で叫んでも、なかなか勇気は出てこないのですね。ですから、まずはこの不安を取り除きましょう。

取り除くといっても、突然消えるわけはないので、不安が頭をよぎったら、脳内変換してしまいます。

失敗するかもしれない
⇒成功するために頑張ろう

余計に悪くなるかもしれない
⇒うまくいったらこうなる!

間違ってるかもしれない
⇒やってみないと分からない!

このように変換して、勇気を阻害する不安たちをやっつけてしまいましょう。これだけでも、おそらく勇気が50倍くらいになると思います。

では、残りの50倍を出して頂くためには…

あなたが自分に自信を持つことがとても大切です。

ただし、「自信を持ちなさい」と言われて、「ハイ!!」と自信を持てる人はいません。自信というものは、これまでに培ってきた努力と結果を振り返って初めて生まれると思うからです。

ということは、あなたがこれまでにやってきた努力をまずは認めてあげること。

「いつもなら素通りするのにこの前は挨拶ができた」「いつもなら笑顔になれないところを笑顔になれた」などなど。なんでも構いません。ほんの些細なこと十分です。
とにかく、少しでも頑張ったぞということを「こんなことくらいで」と思うのではなく認めてあげましょう。そして、どんな小さなことでも良いので、結果を出せたと褒めてあげましょう。

ダイエットで500g痩せた、でも良いです。
自分のデスクの周りを少し片付けた、でも十分です。
同僚が自分の話で少しだけ笑ってくれた、でも良いです。

「たったそれだけ・・・」と考えるのではなく「ちょっとだけ成果が出た」と考えてみましょう。

その努力と結果があれば、自分に自信が持てると思うのです。

真面目な人ほど、高いゴールを設定してしまい、そこに辿りつかない限りは自信にならない上に、不安も消えないという方も多いです。

それだと、自信というパワー不足で高いゴールに到達する前にガス欠になってしまいます。

ですが、少しずつの成果を自信にしていけば、そのパワーで少しずつ高みに登っていくことができます。少しずつ自信が貯まっていき、不安がどんどん減っていくはずです。

不安に思うことは、プラスに変換しましょう。
そして、小さなことでも自信にしましょう。

捉え方一つで、あなたはきっと勇気100倍になれると思います。

そして、勇気が湧いてくると、行動が変わってきます。
あと一歩のことがスムーズに出来るようになります。
いつも「惜しかったな」という反省をするのではなく「絶妙のタイミングでうまくいった!」と感動できたほうが良いと思うのです。

どんなに良い方法でも、良い言葉でも、使い方次第、タイミング次第で結果は変わります。その使い方、タイミングを良い方向に導いてくれるのがあなたの勇気だと思います。

ぜひ勇気を出して動いてみてください。

あなたの状況がきっと少し変わると思います。

頑張りましょうね!


会員登録をすると限定記事も読めるようになります。
ご登録は無料です。
今すぐこちらから

記事の更新が受け取れる。LINEのお友だち登録もオススメ。
LINEのお友だち登録はこちらから

関連記事

  1. 100%の自信なんて必要ない

  2. マニュアルを正しく使える人、使えない人

  3. 気遣いできる人、できない人の違いとは?

  4. マウントを取りたがる人に疲れます…

  5. その我慢、本当に必要なのでしょうか?

  6. 努力が空回りするときの本当の原因とは?

  7. 傷つきやすい人、平気な人の差は何ですか?

  8. 悪い予感に限って的中してしまう人

最近の記事

LINE登録はこちら

友だち追加

ご登録いただくと、無料相談キャンペーンや、
更新情報など役立つ情報をお伝えします。