復縁したい

距離を置くだけのはずが別れに。なぜ?

ご相談を拝見していると、別れる前に「距離を置こう」と言われ、そのままになった、待てなかった、などの理由から別れに至ったという経緯も多いです。

距離を置こうという話になるには、3つ理由があると思います。

1.嫌な部分が見えているからしばらく距離を置いて気持ちを回復させたい
2.離れてみて寂しいと思えばまだ好きだからやり直すけど、寂しくないなら必要ないから別れようと思った
3.自然消滅を狙って距離を置いた

その他、女性が距離を置きたいと言い出す理由に多いのが
4.他に好きな人ができたけど、まだ結論が出ていない。正式に付き合うことになれば別れるけど振られたら戻ろう。
という意見です。ちょっとずるい考えですが、女性は寂しがり屋も多いのでこの発想は意外と多いようです。

男性限定で多い理由としては
5.とりあえず今はいっぱいいっぱいだから、しばらく一人にしてほしい
という意見です。別れる、別れないという結論を出すために話し合う、という時間も惜しいほど忙しいので、先延ばしにしておきたいという気持ちでしょう。

ここで少し気づくことがあります。
実は、1番の理由以外は『別れる』ことがある程度頭にある理由ですよね。

1だけは、『別れないために』とった選択です。

そして、ご相談を拝見していて気づくのが、意外とこの1番の理由で距離を置いているケースが多いのです。

ですが、それを理解できず『振られる!!』と思い込んで無理矢理相手との距離を縮めようとし、余計に嫌われて別れを迎えてしまった、という方が多いのです。

今回のSさんもそうです。

『距離をおこうと言われて…』
23歳女性 Sさん

Sさんは約1年前に彼と別れました。
別れる1ヶ月前に彼から距離を置きたいという話が出ました。

彼は教師をしていて、まだ新人ということもあり、とても多忙な日々を送っていました。休日も仕事をしなくてはならないことも多く、Sさんとのデートの時間の確保も大変だったようです。

ですがSさんとしては、お互いに社会人になったし早く結婚をしたいと思っていました。なので両親に合う話をしたり、彼との時間を増やしたいと彼にお願いをしたりしていました。

それが負担になったのでしょう。
彼は「今は少し距離を置かないか。別れるとかそういうことじゃなくて、お互いに仕事に専念したほうがいい時期だと思う。」ということを言いました。
Sさんは、とても憤慨し、彼の愛情が足りないからそんなことを言い出すのだ、と彼を責めました。ですが、彼は譲らないので、諦めて距離を置きました。

距離を置くといっても、何もしないのは変だと思ったSさんは彼に差し入れをしたり、普通に連絡をしていました。
彼は「今はそういうことをしないで欲しい」と言ったのですがSさんは「デートもしないし、会ってとは言わない。十分に自分は我慢している」と言い返しました。

そんな調子で1ヶ月が過ぎ、Sさんは彼に距離を置く期間は、そろそろ終りにしようという提案をしました。

すると、彼の答えは別れたい、というものでした。

やはり、距離を置きたいと言ったときに分かって欲しかったということと、彼がそこまで追い込まれているのに、相変わらず自分の気持ちを優先させたSさんが嫌になった、という理由でした。
Sさんは別れたくないと何度も言いましたが、話は平行線。何とか1ヶ月考える期間を取るということでその場は別れました。

それから1ヶ月、今度こそと思いSさんは彼に一切連絡をしませんでした。きっと1ヶ月後に彼が思い直してくれると思っていたのです。

しかし、1ヶ月経っても彼から連絡はありませんでした。
Sさんは腹が立ち、彼に連絡をし「自分が1ヶ月後というから待っていたのに、連絡もしないなんてどういうことだ!」と怒ってしまいました。
ですが、彼からすれば1ヶ月前に結論は出ていて、それを伸ばしたのはSさんのワガママ、という印象なのです。ここでも余計に印象が悪くなり、二度と連絡するなと言われてしまいました。

それから3ヶ月ほどして、Sさんからご相談を頂きました。別れて時間も経ったので、そろそろ彼に連絡をしてみようと思うという内容でした。

ただ、別れ際の印象は最悪です。もしSさんが、最初に彼が「距離を置こう」と言った際に我慢できていたなら、そして気持ちを入れ替えて彼のために考えることが出来ていたなら。彼の追い詰められた心理を理解していれば…。後悔は尽きません。それができていたなら、別れることもなかったでしょう。

ですが、現実はそうではなかったのですから、そこから復縁を考えたときに、まずは印象を良くしないとなりません。

彼から見たSさんは
・相手の都合を考えず自分の意見を通そうとする
・依存しすぎ
・付き合ってから魅力が下がった
という3点が挙げられました。

3番目はSさんがご自身でおっしゃっていましたが、付き合い始めてから太ったことと、彼の好きなスカートを履かなくなったという話をしていました。

このことから、まずはダイエットをしたり、外見を磨くことからスタートしていただきました。そして彼に連絡をするのは、ご自分が頑張ったと思えた後にしましょうと約束しました。

Sさんは頑張りました。

ダイエットにも成功し、周囲からも「綺麗になったね!」とよく言われるようになりました。振られて自信を失っていたSさんが徐々に自信を回復してきました。その勢いで、習い事なども始め、外に出ることが増えました。ここから彼への依存も軽減されていくと思いました。

別れて半年経ち、ようやくSさんは彼に連絡をしました。
彼は普通に返信をくれました。それから間隔を図りつつ、連絡を再開しました。Sさんは反省点を踏まえて、気をつけながら彼にメッセージを送るようにしていました。矢継ぎ早にならないように。彼の忙しい時間帯、時期には送らないように。

こうして3ヶ月半ほどやり取りを重ね、ようやく年始に彼と会うことができました。

彼はまず、変わったSさんにかなり驚いたようでした。
「付き合う前の頃みたい」と喜んでいました。
Sさんは穏やかに自分の反省点などを伝え、彼のおかげで成長できたという話をしました。彼も、Sさんと別れて仕事を頑張ってきたが、人生の目標を失って、何だか悪かったと思っていたとさみしい気持ちを打ち明けてくれました。

その後、二人は徐々に関係を修復し、先日ついに復縁しました。

Sさんの事例を拝見して思うのですが、『距離を置きたい』=『別れたい』ということではありません。ですが、その後の対応でそうなってしまうことがほとんどです。
いきなり別れるのではなく、離れる期間を設けるということは、相手も離れがたい気持ちがあるということです。また、距離を置いている間は『戻ろうと思えば戻れる』という安心感があるものです。本当に別れた状況とは異なりますよね。
ですから、本当に別れてしまった後で後悔をする方も多いのです。ですが、その後悔もあなたが居なくなって初めて感じるものです。
もし別れた後も相手とコンタクトを取っていると、この感情は生まれにくいと思います。
ぜひSさんの事例を参考にしてみてくださいね。

▼何となく都合のいい関係にされてしまいました。
▼かなり彼女を怒らせていて、音信不通ですが…

という方は一度ご相談ください。
⇒ ご相談はこちらから

別れは確定なので今のうちに復縁に向けて動きたいという場合はこちらを参考にしてみてください。

男性の方:https://www.hukkatuai.com/hukuen/
女性の方:https://xn--b5tw8k9xgm8s.jp/newpage1.html

===========================

■ 近況報告

■流行りのリスキリング?
先日久々にとある研修に行きました。これまで未知の分野だったことを学びに行ったのですがとても勉強になりました。世の中には必要だけれど不足しているサポートがたくさんあります。少しでも貢献できたらと思います。

■中高年の婚活
という特集を拝見しました。見ていて思ったのは、男女の結婚したい理由が違う点です。男性は生活の面倒を見てもらえると思っていますが、女性はそんなことを求めていないケースも多いです。ミスマッチが生じてるなーと思いました。

■失敗から学ぶこと
人の話をじっくり聞く、最適な質問をする、簡単そうで意識していないと難しいことだと思います。何を聞こうか、この方向に持っていかなきゃ、と思っていると噛み合わないので「へー、なんで?」と気にして聞くことが大切だと思います。

────── ∞ ────── ∞ ──────

いつも最後まで読んで頂き、有難うございます。

新しい恋だけが前向きだとは思いません。
望む相手とお付き合いすることが、一番の幸せだと思います。

あなたの復縁を心より応援しています。

復縁アドバイザー 浅海

⇒ メルマガのご感想はこちらから

⇒ 復縁に関するご質問はこちらから

⇒ 取材・執筆のご依頼についてはこちらから

⇒ 復縁報告はこちらから

⇒ 片思い、恋人、夫婦、人間関係のお悩みも

復縁の“すべて”を知りたい方はこちら
男性の方:https://www.hukkatuai.com/hukuen/
女性の方:https://xn--b5tw8k9xgm8s.jp/newpage1.html

<復縁アドバイザー浅海>
2006年より復縁相談を受け持ち、累計相談件数は7万件を超える。その中から復縁報告も続々と寄せられ続けている。厳しいけれど親身なアドバイスが多くの相談者の信頼を得ている。
著書『復縁・復活愛の成功法則 彼ともう一度、恋人になる方法』(二見書房)/『1万人の実例からわかった 元カレと復縁できる方法』(草思社)/『壊れそうな彼との関係を修復する方法』(大和書房)/『好きと言わずに好きと言ってもらえる本』(大和出版)/『別れた彼が必ずふりむく魔法のことば』(宝島社)
⇒ 著書の詳細はこちら


あなたの復縁、応援します!
【復縁・復活愛の成功法則 ☆恋人とよりを戻す方法☆】

アドバイザー浅海の復縁情報満載のサイトはこちら
URL :
☆男性用 https://www.hukkatuai.com/
☆女性用 https://xn--b5tw8k9xgm8s.jp/
Mail: info@hukkatuai.com

Presented by 浅海

※この記事の一部・及び全部を無断転記、無断転載することを固く禁じます。当サイトの情報は浅海に著作権があり、無断でこれらの内容を利用した場合は著作権の侵害にあたり、法的に罰せられます。
Copyright(C) 2024- 復縁・復活愛の方法 All Rights Reserved.
Powered by adviser Asami

関連記事

  1. 会話のキャッチボールが苦手な場合はどうすれば?

  2. 「彼女と別れられない」は、ただの言い訳?

  3. 愛されるための絶対条件って何ですか?

  4. 相手からの連絡にどう答えれば正解?

  5. 彼女はそんなに真面目じゃないかも…

  6. 悪い予感に限って的中してしまう人

  7. イラッとする質問、嬉しくなる質問の差とは?

  8. なぜ、恋人はLINEの返信が遅いのか?